三重県に一時期ご縁のあった自分にとって、松坂牛を「まつざかぎゅう」と読む人に出会うと、訂正せずにはいられません。

しかもドヤ顔で言われた日には、その相手に似非グルメの烙印を押してします。

それほど誇りを持っているのです。

松坂牛といえば私の御用達は、桑名市に本店のある「柿安」さんでした。

関東でもデパ地下の店舗や柿安チェーンのビュッフェを見かけます(個人的にはあまり手を広げすぎないでほしいですが)。

柿安にはお祝い事や、改まった食事の際に松坂牛を買いに行きます。

お盆やお正月は、ショーケースには多くの人が集まって順番待ちになるほどです。

牛を育てるところから加工、販売にいたるまで全てを知り尽くした老舗とのことで、値は少々張ります。

いくら三重県民といえど、牛肉=松坂牛という人は少ないでしょう。

それだけにたまに食べる松坂牛は、本当に感動ものです。

一枚一枚紙に挟まれたお肉は、鮮やかな赤みと霜の降り方が芸術的で、特に甘い脂は旨みの塊です。

柿安は牛鍋屋として発祥したこともあり、よくすき焼きでいただいていました。

柿安本店では松坂牛以外の国産牛や、ブランド豚の精肉、フルーツなども取り扱っています。

私が精肉の次によく購入したのが、お弁当です。

特に好きなのが、「牛しぐれ煮」と呼ばれる牛肉を醤油砂糖で甘辛く煮つめたものです。

牛の脂の香りと甘辛い味付けに、ご飯が止まらなくなります。

以前柿安とは別の有名松坂牛料理屋に行ったとき、お替りでオーダーしたお肉が明らかに一皿目より品質の落ちるものだったことがあります。

改めて、松坂牛といったら柿安、で間違いないと思いました。

Comments Off on 柿が美味しい果樹園の安次郎「柿の安さん」

Comments are closed.